NO.022
2022/01/29
アバターkirishima.erea
エリアマネージャー育成コース DAY5「事業計画の詳細を詰める」

エリアマネージャー育成コース DAY5 2022年1月29日

チェックイン

個人ワーク&対話の時間①

ゲストレクチャー 白水梨恵氏

個人ワーク&対話の時間②

チェックアウト

チェックイン

エリアマネージャー育成コースDAY5を迎えました!
残り2回となり、事業計画もいよいよ終盤に差し掛かっています。今回のDAY5は、

・参加者の事業をブラッシュアップする

・地域との関わり方やポイントを学ぶ

・最終回に向けて不安点を解消する

以上を目的としており、最終発表に向けて事業計画の詳細を詰める時間です。

まず初めにチェックインを行いました。
チェックインでは各グループごとに、最近心に残った/お気に入りの商品やサービスを1人ずつ共有し、どのようなサービスが心に残るのかを考えました。
事業においても心に残るようなサービスが重要となっていくため、真剣に考え、楽しそうに語り合っている様子が印象的でした。

 

個人ワーク&対話の時間①

DAY5では対話の時間がメインとなりました。
それぞれの事業について本音で語り合い、ブラッシュアップされていく充実した時間となっていました。

対話に入る前に、個人ワークに取り組んでもらいました。ワークシートをもとに、

・どんな事業に取り組むのか

・事業のウリは何か

・事業の商圏はどこか

・事業のエリアはどこか

・事業の客層はどんな人たちか

・事業の価格はいくらか

・顧客・地域にどんな体験/価値を提供するか

・コンセプトは何か

といった問いに回答してもらいました。

改めてこのような問いと向き合ったことで、事業がさらに明確になったように思います。スラスラと手が進む方もいれば、コンセプトといった難しい問いに少しつまずく方もいました。

個人ワークの後、メンターである加藤潤氏、須部貴之氏、脇黒丸一磨氏を中心に、各グループごとに対話を行いました。それぞれが取り組んだワークシートをもとに発表を行い、お互いに思ったことを素直に話していました。
楽しく和気藹々と、かつ真剣に対話をすることで、事業をブラッシュアップしていくことができました。

長時間の対話となりましたが、事業への個人個人の思いが伝わり、それを応援しようというグループの熱さが伝わってくる非常に充実した時間でした。
事業を応援してくれる仲間がいるということは、これから新しいことにチャレンジする上で大変心強い存在です。
事業はそれぞれですが、エリアマネージャー育成コースとしてグループで取り組んでいくことの価値が現れていたように思います。

ゲストレクチャー 白水梨恵氏

お昼休憩を挟み、午後からはゲストレクチャーとして、横川kitoでカフェやゲストハウスを運営している白水梨恵氏にお越しいただき、横川kitoにおける地域の特性の活かし方・関係者を増やすための巻き込み方・地域の協力者の増やし方についてレクチャーしていただきました。

白水さんは仕事で霧島横川の活性化に関わったのがきっかけで、自然が豊かな横川という場所に魅力を感じたとともに、地域の交流拠点がないという課題に目を向け、2020年4月に横川に移住し、今の物件を見つけて改修を行っています。

築90年ほどの物件を雰囲気を変えず、いつもと違う時間をゆっくり過ごし、お客さんが来てお金を落としてもらえるカフェ・ゲストハウスを計画し、地域のキーパーソンとなる人を中心に、地元の人や地域の外からきた人を巻き込みながら1年間かけてDIYを行って来たことで、オープンするまでに多くのファンを獲得したそうです。

一見魅力がないような場所でも、丁寧にリサーチを行い、発想の転換で逆手に取ることができることや、ターゲットを絞ってピンポイントで合うものを作ることで本当に来てほしいお客さんを呼び込めることなど、事業を進める上での工夫する点が見えてきたように思います。

 

個人ワーク&対話の時間②

対話とレクチャーをもとに、さらなる事業計画のブラッシュアップを行いました。

まずは個人で事業計画書に書き込みながら、午前のワークよりもさらに詳細に計画を詰めていきました。それぞれが真剣に自身の事業計画と向き合い、黙々と作業を進め、完成度を高める時間となりました。

その後の2回目の対話の時間では、引き続き個人で作業を進めながら、気になるところは講師やグループのメンバーと相談し合いました。

霧島リノベーションスクールで考えた事業をブラッシュアップする人、ずっとやりたかった事業を始めようとする人、個人の事業をさらに高めていこうとする人など様々なメンバーがおり、お互いを支え合いながら計画を練ることができている様子でした。

 

チェックアウト

最後のチェックアウトでは、各グループごとに今日の感想共有を行いました。
今回は考えることが多く、大変な一日でしたが、前向きな言葉が飛び交っており、次回に向けての弾みとなりそうです。

次回のDYA6のテーマは「事業を伝える」です。
いよいよ最終プレゼンの時間となります。最終プレゼンに向けて残り少ないですが、ブラッシュアップを行い、魅力的な事業が提案されることを期待します!

ライティング:奥村直記(学生サポーター)

写真:上原太陽(学生サポーター)

記事の関連ワード