NO.004
2021/07/24
パッションパッション
きりしま女子起業ラボDAY1「お互いを深く知る/地域の現状を振り返る」

こんにちは!きりしま女子起業ラボ運営事務局です。
7月24日(土)、霧島市内での女性起業を支援するプログラム「きりしま女子起業ラボ」の1日目を開催しました。プログラム受講者の皆さんが初めて顔を合わせる場でもある初日。受講生10名、そして運営スタッフ7名の計17名全員が顔を合わせ、これから始まる起業伴走のスタートを切ることができました。

当日の様子をご紹介します。

きりしま女子起業ラボとは?

きりしま女子起業ラボとは、「事業化したい分野やアイデアがあるが、何から始めていいのかわからない」という女性を対象とした伴走型の起業支援プログラムです。

7月24日から11月21日までの約4か月間、全5回の講座や報告会を通して、受講生同士や運営スタッフ・メンターなどが互いに対話しながら、それぞれが想う”自分らしい”事業計画をブラッシュアップしていきます。

当日の流れ

  1. オリエンテーション
  2. 受講生・運営スタッフ全員の自己紹介(チェックイン)
  3. 個人ワーク~人生グラフを通して想いの背景を振り返る~
  4. 人生グラフのグループ内共有
  5. インプット講座~データから見る鹿児島県と霧島市~

全員が初めて顔を合わせる初日。まずはお互いを知り、チームワークをつくるために自己紹介と起業に対する想いの振り返りをメインで行いました。

最後には、人口動態などのデータをもとに普段暮らしている鹿児島県・霧島市の現状と今後を見つめなおす時間も設け、これからの事業計画ブラッシュアップに向けたキックオフを行うことができました。

お互いに深く知り合うための人生グラフワーク

この日のメインコンテンツは「人生グラフの個人ワーク」。

A4白紙に手書きで線を引き、自分自身のこれまでの人生について振り返ります。
”人生を振り返る”というと、非常に大げさなように聞こえてしまいますが、事業を立ち上げる上では無くてはならない要素です。
これまでの人生の中で、いつどのような体験をして、それに対して自分自身はどのような感情や考えを抱いたのか…その繰り返しがその人が今抱える想いに繋がり、事業の軸を支える原体験となります。

 

この日は人生グラフの作成を通して自分自身を振り返るだけでなく、少人数グループに分かれてお互いに人生グラフの内容を共有しあうことを通して、これから共に起業を目指していく仲間としての関係性づくりも行いました。

データから見る鹿児島県と霧島市

「きりしま女子起業ラボ」DAY1の最後には、普段暮らしている地域をデータを通して客観視するためのインプット講座も行いました。

霧島市も人口減少が続いていますが、現状は全国平均に比べると少しゆるやかな減少となっています。
しかし、全年代の中で20代・30代・40代の減少が著しく、このペースのまま減少が進むと人口減少の速度が加速していき、少子高齢化が更に進むことが予測されています。

また、若者の人口流出のデータの中で特に興味深かったものが「就職希望の業種と霧島市内の事業所数の対比」です。

令和2年に改訂された「霧島市ふるさと創生人口ビジョン」によると、令和元年度卒業見込みの霧島市内の高校生・短大生・高専生・大学生の就職希望業界4位に「情報通信業」があがっています。(左)

しかし、霧島市内の業種別事業所数のグラフ(右)を見ると、情報通信業はワースト3に入るほど事業所数が少ないのです。

このように、データを通して地域を客観的に見つめなおすと、「情報通信業で起業・事業継続がしやすい環境を整える」といったような、課題の解決策=地域に求められていること=地域のニーズが見えてきます。
今回は”若者の人口流出”という地域課題に対するニーズでしたが、同じように事業化したい分野のデータを調べていくと、事業の大きな柱となるニーズが見えてくるのです。

受講生それぞれに伴走する”先輩”メンター

「きりしま女子起業ラボ」では、一歩先に起業した先輩として、3名の女性起業家がメンターを務めています。

国分重久で認可外保育施設「にじいろタペストリー」を運営する吉留さん。
保育士・作業療法士の資格、そして霧島の豊かな自然環境を活かし、自然の中で子どもたちを育む保育事業をされています。

霧島市の市街地から霧島神宮へ向かう途中にあるカフェ「_1treecofee」を運営する川原さん。
カフェ運営の他に、WEBディレクターやマーケティング分野の業務にも携わり、幅広い経験を持たれています。

上記のお二人に加えて、運営事務局スタッフでもある白水もメンターを務めさせていただきながら、10名の受講生それぞれと対話を重ねて伴走支援を行っていきたいと思います。

次回は8月7日㈯開催のきりしま女子起業ラボDAY2「自分の興味・関心を深掘り、分析する」です。事業計画書の基礎となる企画立案シートを記入しながら、将来的な目標や最初の一歩について考えます。

開催レポートもお楽しみに!

記事の関連ワード